ゆるく気長に投資生活

投資信託をコアに、ゆるく気長に資産形成を目指すブログ

コロナショックの状況 2020/5/2

  今週も、コロナショックで基準価額がどう動いているか、確認します。

 

 まずは、株式です。

f:id:iGoMtwalk:20200502174944p:plain

 日本株式は3月16日を底に、先進国株式と新興国株式は3月24日を底に、騰落はあるものの上昇基調に入っているとみてよさそうです。

 

 地域別に見てみます。まずは、先進国です。

f:id:iGoMtwalk:20200502175017p:plain

 REITは4月10日から下がっていたのですが、4月27日から上昇基調に戻りました。。

 

 次に、日本です。

f:id:iGoMtwalk:20200502175049p:plain

 債券は言うまでもなく、株式とREITも4月13日の週から額を維持しています。3月16日あたりから、大きな騰落はあるものの、上昇基調にあるというようにも見えます。

 

 最後に、新興国です。

f:id:iGoMtwalk:20200502175113p:plain

 新興国は、先進国や日本と異なり債券も下がっていたのですが、3月24日の週あたりから上昇基調に入ったよう感じます。。

 まとめると、すべての指数が、3月末までには底を打って、回復局面に入ったと考えてよさそうです。

 

 次に、リーマンショックSARSの際の動きを参考に、鳥の目で俯瞰して、今後の値動きを考えてみます。まずは、先進国株式です。

f:id:iGoMtwalk:20200502175142p:plain

 2月25日から1か月間、リーマンショックの際とほぼ同じようにⒶのラインで急激に下げた後、底値となった3月24日から4月10日まで、Ⓑのラインで急回復していました。4月10日以降は、Ⓑのライン程の急激な回復ではないのですが、SARSの際の回復のラインⒹと同等の傾きであるⒸのラインに沿って回復していくと予想します。この予想が的中しているなら、今年の8月の終わり頃には、コロナショック発生前の水準に戻ることになります。

 

 次に、日本株式です。

f:id:iGoMtwalk:20200502175215p:plain

 2月25日から約3週間、リーマンショックの際とほぼ同じようにⒶのラインで急激に下げた後、底値となった3月16日から4月10日まで、Ⓑのラインで戻していました。ですが、4月13日の週あたりから、Ⓑのライン程の急激な回復ではないのですが、SARSの際の回復のラインⒹと同等の傾きであるⒸのラインに沿って回復していくと予想します。日本株式は、先進国株式よりも落ち込み幅が小さかったため、この予想が的中しているなら、今年の7月の終わり頃には、コロナショック発生前の水準に戻ることになります。

 

 次に、基準価額の下落を、購入口数の推移としてみてみます。まずは、先進国株式です。

f:id:iGoMtwalk:20200502175255p:plain

 2月25日からバーゲンセールが開催され、直近でも、20%増し以上の口数を購入できています。

 仮に、今年の始めから一定額の積み立てを始めたと仮定すると、コロナショックが発生しなかった場合と比べて、約20%多く購入できたことになります。

f:id:iGoMtwalk:20200502175333p:plain

 

 次に、日本株式です。

f:id:iGoMtwalk:20200502175349p:plain

 日本株式も、2月25日からバーゲンセールが始まり、4月15日の週からは安定して15%増しの口数を購入できています。

 仮に、今年の始めから一定額の積み立てを始めたと仮定すると、コロナショックが発生しなかった場合と比べて、10%多く購入できたことになります。

f:id:iGoMtwalk:20200502175409p:plain

 

 日本では、緊急事態宣言が延長されそうで、基準価額が綿所の予想通りに回復していくかどうか、まったくわかりませんが、基準価額が下がっている間は口数を多めに買えていると考えて、ゆるく気長に積み立て投資を続けていきます。

コロナショックの状況 2020/4/25

 今週も、コロナショックで基準価額がどう動いているか、確認します。

 

 まずは、株式です。

f:id:iGoMtwalk:20200426082933p:plain

 先進国、日本、新興国とも、4月13日の週から、騰落はあるものの額を維持しているように見えます。

 

 地域別に見てみます。まずは、先進国です。

f:id:iGoMtwalk:20200426082957p:plain

 株式は4月13日の週から額を維持しているように見えるのですが、REITは4月13日の週からまた下げ始めました。

 

 次に、日本です。

f:id:iGoMtwalk:20200426083012p:plain

 債券は言うまでもないのですが、株式とREITも4月13日の週から額を維持しています。

 

 最後に、新興国です。

f:id:iGoMtwalk:20200426083034p:plain

 新興国は、先進国や日本と異なり債券も下がっていたのですが、4月13日の週から株式と同様に額を維持しています。

 まとめると、先進国REITを除いて、4月13日の週から額を維持しています。

 

 次に、リーマンショックSARSの際の動きを参考に、鳥の目で俯瞰して、今後の値動きを考えてみます。まずは、先進国株式です。

f:id:iGoMtwalk:20200426083058p:plain

 2月25日から1か月間、リーマンショックの際とほぼ同じようにⒶのラインで急激に下げた後、底値となった3月24日から4月10日まで、Ⓑのラインで回復していました。ですが、4月13日の週から、Ⓒのラインで横這い状態になりました。コロナウィルスが終息に向かう兆候が見えてきたところでⒹのラインの傾きで回復していくと思うのですが、それがいつになるかはわかりません。たいていのことは織り込まれた価額になっていると思いますが、回復基調に乗るまで、何とかⒸのラインで持ちこたえてほしいと考えています。

 

 次に、日本株式です。

f:id:iGoMtwalk:20200426083127p:plain

 2月25日から約3週間、リーマンショックの際とほぼ同じようにⒶのラインで急激に下げた後、底値となった3月16日から4月10日まで、Ⓑのラインで戻していました。ですが、4月13日の週から、Ⓒのラインで横這い状態になりました。コロナウィルスが終息に向かう兆候が見えてきたところでⒹのラインの傾きで回復していくと思うのですが、それがいつになるかはわかりません。たいていのことは織り込まれた価額になっていると思いますが、回復基調に乗るまで、何とかⒸのラインで持ちこたえてほしいと考えています。

 

 俯瞰して見ると、先進国株式と日本株式は似たような値動きをしており、現状は横這い状態です。何とかこの状態を保っている間に、コロナウィルスに終息の兆しが見えてくればよいのですが、下手をすると再度下げる局面に入るかもしれません。そうなったとしても、つみたて投資を継続していく前提で購入口数を見れば、口数を多めに買えるバーゲンセールが再度勢いをつけて継続されることになります。

 

 基準価額の下落を、コウモリの目で逆から、購入口数の推移としてみてみます。まずは、先進国株式です。

f:id:iGoMtwalk:20200426083159p:plain

 2月25日からバーゲンセールが開催され、4月13日の週からは安定して30%増しの口数を購入できています。仮に、今年の始めから一定額の積み立てを始めたと仮定すると、コロナショックが発生しなかった場合と比べて、約20%多く 購入できたことになります。

f:id:iGoMtwalk:20200426083243p:plain

 

 次に、日本株式です。

f:id:iGoMtwalk:20200426083301p:plain

 日本株式も、2月25日からバーゲンセールが始まり、4月15日の週からは安定して15%増しの口数を購入できています。仮に、今年の始めから一定額の積み立てを始めたと仮定すると、コロナショックが発生しなかった場合と比べて、10%多く購入できたことになります。

f:id:iGoMtwalk:20200426083322p:plain

 

 コロナウィルスがいつごろ終息に向かうのか、目下のところ全く予想できませんが、つみたて投資はたんたんと続けていこうと考えています。

コロナショックの状況 2020/4/19

 今週も、コロナショックで基準価額がどう動いているか、確認します。

 まずは、株式です。

f:id:iGoMtwalk:20200420030044p:plain

 先進国、日本、新興国とも、大きな騰落はありませんでした。

 

 地域別に見てみます。先進国です。

f:id:iGoMtwalk:20200420030104p:plain

 株式は大きな騰落がなかったのですが、REITは結構下げました。

 

 次に、日本です。

f:id:iGoMtwalk:20200420030124p:plain

 日本REITは、先進国REITと異なり、ほぼ現状維持でした。

 

 最後に、新興国です。

f:id:iGoMtwalk:20200420030144p:plain

 新興国は、先進国や日本と異なり債券も下がっていたのですが、株式と似た傾向で推移しています。

 

 次に、リーマンショックSARSの際の動きを参考に、鳥の目で俯瞰して、今後の値動きを考えてみます。まずは、先進国株式です。

f:id:iGoMtwalk:20200420030205p:plain

 2月25日から1か月間、リーマンショックの際とほぼ同じようにⒶのラインで下げました。底値となった3月24日から先週末まで、Ⓑのラインで急激に戻しています。ですが、さすがに、この勢いで値を戻していくとも考えにくいと思います。SARSの際に底値となった①の値からは、SARSの際の戻りのペースである②のラインに沿うようになるのではないでしょうか。そう考えると、今週あたりからⒸのラインで回復していくことになります。

 と言うことで、私は、今後も騰落を繰り返しながら値を戻していき、8月にはコロナショック発生前の水準に戻すと予想します。

とはいえ、現実の欧米の状況を考えると、ものすごく楽観的な予想です。サプライチェーンがボロボロになっている現実を考えると、もう一段下げる局面になる可能性も十分にあると思います。

 

 次に、日本株式です。

f:id:iGoMtwalk:20200420030231p:plain

 2月25日から約3週間、リーマンショックの際とほぼ同じようにⒶのラインで下げました。底値となった3月16日から先週末まで、Ⓑのラインで急激に戻しています。ですが、さすがに、この勢いで値を戻していくとも考えにくいと思います。SARSの際に底値となった①の値からは、SARSの際の戻りのペースである②のラインに沿うようになるのではないでしょうか。そう考えると、今週あたりからⒸのラインで回復していくことになります。

 と言うことで、私は、今後も騰落を繰り返しながら値を戻していき、7月中頃にはコロナショック発生前の水準に戻すと予想します。

とはいえ、現実の全国に緊急事態宣言が出されている状況を考えると、ものすごく楽観的な予想です。サプライチェーンがボロボロになっている現実を考えると、もう一段下げる局面になる可能性も十分にあると思います。

 

このように、私は、先進国株式は8月初旬に、日本株式は7月中頃に、コロナショック発生前の価額に戻すだろうと、ものすごく楽観的に考えています。ですが、現実の世の中の状況を考えると、基準価額がすんなり回復していくとはとても思えません。

基準価額がもう一段下がる局面になったとしても、つみたて投資を継続していく前提で購入口数を見れば、口数を多めに買えるバーゲンセールが再度勢いをつけて継続されることになります。

基準価額の下落を、コウモリの目で逆から、購入口数の推移としてみてみます。まずは、先進国株式です。

f:id:iGoMtwalk:20200420030311p:plain

2月25日からバーゲンセールが開催され、先週も3割増しの口数を購入できています。

 仮に、今年の始めから一定額の積み立てを始めたと仮定すると、コロナショックが発生しなかった場合と比べて、18%多く購入できたことになります。

f:id:iGoMtwalk:20200420030400p:plain

 

 次に、日本株式です。

f:id:iGoMtwalk:20200420030420p:plain

 日本株式も、2月25日からバーゲンセールが始まり、先週でも、コロナショック以前の15%増しの口数を購入できています。

 仮に、今年の始めから一定額の積み立てを始めたと仮定すると、コロナショックが発生しなかった場合と比べて、9%多く購入できたことになります。

f:id:iGoMtwalk:20200420030445p:plain

 

 楽観的な予想が外れて、再度、基準価額が大きく下がる展開になるかもしれません。それは、口数をたくさん買えるバーゲンセールが、規模を拡大して延長されるということなので、ゆるく気長に投資を続けていこうと思います。

コロナショックの状況 2020/4/12

 今週も、コロナショックで基準価額がどう動いているか、確認します。

 

 まずは、株式です。

f:id:iGoMtwalk:20200412131623p:plain

 3月30日の週はそろって急落したのですが、この一週間で再びそろって上げに転じました。

 

 地域別に見てみます。先進国です。

f:id:iGoMtwalk:20200412131652p:plain

 株式が上がりましたが、REITがそれ以上に急騰しました。改めて俯瞰して見ると。3月23日の週から、上昇トレンドに変わったように見えないこともありません。

 

 次に、日本です。

f:id:iGoMtwalk:20200412131734p:plain

 REITの、3月16日の週から3月23日の週にかけての騰落が目立ちますが、これを行き過ぎた騰落と考えると、3月16日の週から上昇トレンドに変わったと見えないこともありません。もう少し様子を見ないと、なんとも言えませんが。

 

 最後に、新興国です。

f:id:iGoMtwalk:20200412131835p:plain

 新興国は、先進国や日本と異なり債券も下がっていたのですが、3月23日の週からそろって上昇に転じたように見えないこともありません。

 

 次に、リーマンショックSARSの際の動きを参考に、鳥の目で俯瞰して、今後の値動きを考えてみます。まずは、先進国株式です。

f:id:iGoMtwalk:20200412131913p:plain

 リーマンショックの時は、①で急激に下げた後いったん急反発し、再度②で大きく下げました。今回のコロナショックも②のラインに乗りそうだったのですが、先週③と大きく上げて、リーマンショックのラインから大きく乖離しました。先週までは、もう一段下がると考えていたのですが、回復基調に変わったように感じます。

 

f:id:iGoMtwalk:20200412132040p:plain
 回復状態になったなら、同様のウィルスだったSARSの際の回復Ⓑと同様の動きになると思いますので、このままⒸのラインで回復していくと予想します。

 

 次に、日本株式です。

f:id:iGoMtwalk:20200412132227p:plain

 日本株式も、先進国株式と同様、②のラインで下落すると考えていたのですが、③のラインで回復基調に入ったように見えます。緊急事態宣言の効果次第ですが、感染者数が指数関数的に増加することがなければ、このまま回復していくような気がします。

 

f:id:iGoMtwalk:20200412132304p:plain
 Ⓐの回復基調が本物なら、SARSの際の回復ラインⒷの上昇率で回復していくと思います。あくまでも、緊急事態宣言の効果次第ですが、すごく楽観的に考えると、、Ⓒのラインで回復していき、6月半ばにはコロナショック前の基準価額に戻ると思います。

 

 ここまで、すごく楽観的に、回復基調に入ったと考えているのですが、とは言っても、コロナショック以前の水準に戻るまではまだまだ時間がかかります。その間は、一定額でつみたてを続けていれば、口数を多めに買えるバーゲンセールが続きます。

f:id:iGoMtwalk:20200412132358p:plain

  先進国株式は、先週も、コロナショック以前の3割増しの口数を購入できました。

 

f:id:iGoMtwalk:20200412132506p:plain

 日本株式も、先週は、コロナショック以前の15%増しの口数を購入できました。

 

 仮に、今年の始めから一定額の積み立てを続けていたとすると、コロナショックが発生しなかった場合と比べて、先進国株式で+17.5%、日本株式で+8.5%、多い口数を購入できたことになります。

f:id:iGoMtwalk:20200412132540p:plain

f:id:iGoMtwalk:20200412132558p:plain

 

 楽観的な予想が外れて、再度、基準価額が大きく下がる展開になったとしても、口数をたくさん買える大バーゲンセールが延長されたと考えて、ゆるく気長に投資を続けていこうと思います。

コロナショックの状況 2020/4/5

 今週も、コロナショックで基準価額がどう動いているか、確認します。

 

 まずは、株式です。

f:id:iGoMtwalk:20200405080805p:plain

 先週末までは急騰していたのですが、この一週間で再び下げに転じました。

 

 地域別に見てみます。先進国です。

f:id:iGoMtwalk:20200405080828p:plain

 3月中頃に、株式に対してREITが一段下げた後、その差をキープしたまま似たような形で推移しています。

 

 次に、日本です。

f:id:iGoMtwalk:20200405080900p:plain

 3月半ばからのREITの下げと反発が極端ですが、株式とREITの関係は、概ね、先進国と同様です。

 

 新興国は、債券も下がっています。

f:id:iGoMtwalk:20200405080917p:plain

 

 次に、リーマンショックSARSの際の動きを参考に、鳥の目で俯瞰して、今後の値動きを考えてみます。

f:id:iGoMtwalk:20200317050606p:plain

 まずは、先進国株式です。

f:id:iGoMtwalk:20200405080942p:plain

 リーマンショックの時は、①で急激に下げた後いったん急反発し、再度②で大きく下げました。今回のコロナショックも先週末の時点では反騰していたのですが、この一週間で下げに転じ、結局のところ、リーマンショックの②の下げのラインに乗っているように見えます。

 リーマンショックの時と同様の値動きをすると考えると、ゴールデンウィークまで②で急激に下げた後、8月半ばに向けて③で下げていくことになります。しかし、リーマンショックは金融システムが壊れたのですがコロナショックはそうではないと思うので、③は無いのではないかと感じます。

f:id:iGoMtwalk:20200405081024p:plain

 私は、先週までは、5月末か6月上旬に、コロナショックの前の50%まで下げて底を打つと考えていました。ですが、この一週間の下げが、Ⓐのラインに綺麗に乗っているように見えるので、ゴールデンウィークの前後で50%まで下げてしまうのではないか、と感じます。

 楽観的に考えると、Ⓐのラインに乗ってゴールデンウィークの前後で50%まで下げた後、SARS回復の際のⒷのペースで上昇していくと思います。つまり、Ⓐのラインで下げた後、Ⓒのラインで回復していくと考えます。

 ただし、欧米の現状を考えると、あと1ヶ月で回復基調になるとは考えにくいので、ゴールデンウィーク前後で50%まで落ちた後、騰落を繰り返し、6月初旬にようやく回復の兆しが見えるのかもしれません。

 

 次に、日本株式です。

f:id:iGoMtwalk:20200405081128p:plain

 日本株式も、先進国株式と同様、リーマンショックよりも反騰が早かったのですが、結局のところ、リーマンショックの②の下げのラインに乗っているように見えます。

 リーマンショックの時と同様の値動きをすると考えると、ゴールデンウィークまで②で急激に下げた後、8月半ばに向けて③で下げていくことになります。しかし、リーマンショックは金融システムが壊れたのですがコロナショックはそうではないと思うので、③は無いのではないかと感じます。

f:id:iGoMtwalk:20200405081151p:plain

 日本株式も、先進国株式と同様に、ゴールデンウィークまでⒶのラインで下げるように感じます。底を打つ時の基準価額は、コロナショックの前の2/3(66.7%)程度になるのではないでしょうか。その後は、SARS回復の際のⒷの傾きで回復していくと思います。つまり、Ⓐのラインで下げた後、Ⓒのラインで回復していくと考えます。

 

 まとめると、先進国株式も日本株式も、それと似たような動きをしている新興国株式やREITも、少なくともゴールデンシークのあたりまでは下げていくと思います。回復の兆しが見えるのは、ゴールデンウィーク明けから6月初旬になるのではないでしょうか。

 

 基準価額で考えると気が滅入るので、コウモリの目で見て、購入口数を考えます。

f:id:iGoMtwalk:20200329213201p:plain

 一定額をつみたてているとすると、コロナショックは大バーゲンセールです。この一週間、先進国株式はコロナショック前の4割増しの口数を購入できています。日本株式は、2割増しの口数を購入できています。

f:id:iGoMtwalk:20200405081247p:plain

 

f:id:iGoMtwalk:20200405081306p:plain

 仮に、今年の始めから一定額の積み立てを続けていたとすると、コロナショックが発生しなかった場合と比べて、先進国株式で+15%、日本株式で+10%、多い口数を購入できたことになります。

f:id:iGoMtwalk:20200405081326p:plain

f:id:iGoMtwalk:20200405081335p:plain


 

 基準価額が底を打つのは早くてもゴールデンウィーク前後だと思いますが、口数をたくさん買える大バーゲンセール絶賛開催中と考えて、ゆるく気長に投資を続けていきます。

コロナショックを『コウモリの目』で見る

 コロナショックで株式やREIT投資信託の基準価額が下落しています。

f:id:iGoMtwalk:20200329213049p:plain

 投資信託の評価額は、

   評価額 = (その時点の)基準価額 × 購入した口数の累計

  • 基準価額は10000口当たりの価額で示されることが多い

です。

 先週反騰しましたが、一時、先進国株式で▲35%、日本株式で▲25%下落しました。欧米の主要都市がロックダウンしている状況や、東京や大阪で感染が増加している状況を考えると、今後、もう一段の下げがないとも限りません。

 

 以前、「鳥の目、虫の目、魚の目」で、いろいろな視点から見るビジネスの心構えを記しましたが、4つ目の視点として、コウモリの目もあります。

f:id:iGoMtwalk:20200329213201p:plain

 コウモリは天井や枝にぶら下がっていることから、コウモリの目とは、反対の視点で見る・視点を変える、ということです。コロナショックによる基準価額の下落は、コウモリの目で見ると、同じ金額で購入できる口数が増える、バーゲンセールに見えます。

どれほど大規模なバーゲンセールなのか、一定額のつみたて投資を続けているとして計算してみました。

 まずは、先進国株式です。

f:id:iGoMtwalk:20200329213250p:plain

 バーゲン開始は2月25日で、3月25日には1.5倍の口数を購入できました。

 

 次に日本株式です。

f:id:iGoMtwalk:20200329213332p:plain

 日本株式も、2月25日からバーゲンが始まり、3月16日には1.35倍の口数を購入できました。

 

 バーゲンセールは今も継続中ですが、現時点でどれくらい得しているのか(累積口数が増えているのか)、今年1月6日から毎日一定金額でつみたて投資を続けているものとして計算してみます。

 まず、先進国株式です。

f:id:iGoMtwalk:20200329213411p:plain

 コロナショックによるバーゲンが開催されなかった場合と比べて、2月25日から約1か月で口数累計が15%増えています。

 

 次に、日本株式です。

f:id:iGoMtwalk:20200329213433p:plain

 コロナショックによるバーゲンが開催されなかった場合と比べて、2月25日から約1か月で口数累計が10%増えています。

 

 これまで、日本のバブル崩壊(1991年)を除いて、リーマンショックであろうが、ITバブル崩壊であろうが、市場は回復して成長を続けています。

 コロナショックは当面続くと思いますが、バーゲンセール絶賛開催中と考えてつみたて投資を続けていけば、バーゲンセールが終了したとき(コロナショックが終息したとき)、大きな利益を得ることができます。

コロナショックの状況 2020/3/29

 今週も、コロナショックで基準価額がどう動いているか、確認します。

 

 まず、株式の基準価額です。

f:id:iGoMtwalk:20200329080455p:plain

 コロナウィルスは、未だ全世界で猛威を振るっていますが、株式の基準価額は急激に上がっています。

 

 次に、地域別に見てみます。

 まずは、先進国の基準価額です。

f:id:iGoMtwalk:20200329080531p:plain

 株式、REITに加えて、債券も上昇しました。

 

 日本はどうでしょうか。

f:id:iGoMtwalk:20200329080604p:plain

 大きく落ち込んでいたREITも急速に上昇しています。

 

 新興国も確認します。

f:id:iGoMtwalk:20200329080625p:plain

 新興国は、先進国や日本と異なり、債券も下落していたのですが、上昇傾向になりました。

  総じて、全般的に回復し始めたように見えます。

 

 この状況が今後も続くと考えていいのか、リーマンショックSARSの際の基準価額の動きと比べてみます。

 

 まずは、先進国株式です。

f:id:iGoMtwalk:20200329080716p:plain

 先週も書きましたが、リーマンショックを参考にすると、現在は、一直線に下落する期間(①)が終了し、大きな騰落を繰り返しながら下落する期間(②)に入ったところです。そのように考えると、先週の上昇は大きな騰落の上げの部分であり、この後大きく下落するかもしれません。6月中頃まで②の期間が続き、大きな騰落を何回か繰り返すことになります。

 今後の動きの予想です。

f:id:iGoMtwalk:20200329080822p:plain

 これまでリーマンショックに似通った動きをしてきたことと、欧米の主要都市がロックダウンしている現状を考えると、Ⓐの動きは考えにくく、Ⓒの動きになるのではないでしょうか?

 私は、先週までと同じく、5月末から6月初め頃に半値近くまで下げて底を打つのではないか、と考えています。

 

 次に、日本株式です。

f:id:iGoMtwalk:20200329080913p:plain

 日本株式も、リーマンショックを参考にすると、現在は、一直線に下落する期間(①)が終了し、大きな騰落を繰り返しながら下落する期間(②)に入ったところです。そのように考えると、先週の上昇は大きな騰落の上げの部分であり、この後大きく下落するかもしれません。5月末頃まで②の期間が続き、大きな騰落を何回か繰り返すことになります。

 今後の動きの予想です。

f:id:iGoMtwalk:20200329080948p:plain

 日本株式も、これまでリーマンショックに似通った動きをしてきたことと、東京や大阪で外出自粛が要請されていることから、素直にⒶの動きになるかどうかわかりません。今後数日間の感染状況によっては、下手をするとリーマンショックに似通った動きが続く(Ⓒ)かもしれません。

 私は、先週までは、5月末から6月初め頃に半値近くまで下げて底を打つのではないか、と考えていました。ですが、今のところ、日本は諸外国と比べて例外的に感染を抑え込めているようですので、ゴールデンウィークのあたりで30%程度まで下げて底を打つ(Ⓒ)のではないか、と期待しています。

 

プライバシーポリシー
Google Analytics について
当ブログでは Google Analytics を利用してアクセス解析を行うために
cookie を使用しております。
Google Analytics で集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、
改善のために使用させていただくものとします。
なお、cookie は個人を特定する情報を含まずに集計しております。
Google によるデータの使用に関しては「 ポリシーと規約」をご覧ください。