ゆるく気長に投資生活

投資信託をコアに、ゆるく気長に資産形成を目指すブログ

投資計画に便利な係数 – 年金終価係数

 こんにちは。

 投資計画を考えるときに便利な6つの係数についてまとめています。これまで、一括投資において、現在持っているお金(現価)をある期間運用したらいくらになる(終価)か、と、ある期間運用して目標とする額(終価)に到達するためには現在どれだけのお金(現価)が必要か、をまとめました。今回は、つみたて投資において、毎年ある額をある期間(年金形式で)つみたて運用したらいくらになる(終価)か、を求める年金終価係数についてまとめます。

f:id:iGoMtwalk:20210107051532p:plain

 

 最初に、つみたて投資のイメージ図を示します。

f:id:iGoMtwalk:20210107051615p:plain

 

 年金終価係数で、毎年ある額をある期間(年金形式で)つみたて運用したらいくらになる(終価)か、を求めることができます。

 

 年金終価係数は、以下の数式で求めることができます。

f:id:iGoMtwalk:20210107051706p:plain

 

 投資計画を考える際は、年金終価係数の一覧表があると便利です。

f:id:iGoMtwalk:20210107051731p:plain

 

使い方の例

 毎年40万円を積み立てる(年金形式)場合、年利4%で運用できるとしたら、20年後はいくら(終価)になるか?

f:id:iGoMtwalk:20210107051806p:plain

 年金終価係数表から、運用期間20年・年利4%の年金終価係数は 29.7781 なので、

  40万円 × 29.7781 = 1191万円

 毎年40万円ずつつみたてながら、年利4%で運用すると、20年後には1191万円になります。

f:id:iGoMtwalk:20210107051853p:plain

 

 今回は、毎年ある額をある期間(年金形式で)つみたて運用したらいくらになる(終価)か、をまとめました。次回は、逆に、毎年ある額をある期間つみたて運用して目標額に到達させるためには、毎年いくらつみたてればよいか、を求める減債基金係数についてまとめます。

投資計画に便利な係数 – 現価係数

こんにちは。

 投資計画を考えるときに便利な6つの係数についてまとめています。前回は、現在持っているお金(現価)をある期間運用したらいくらになる(終価)か、を求める終価係数についてまとめました。今回は、逆に、ある期間運用して目標とする額(終価)に到達するためには現在どれだけのお金(現価)が必要か、を求める現価係数についてまとめます。

f:id:iGoMtwalk:20210106043546p:plain

 最初に、一括投資のイメージ図を示します。

f:id:iGoMtwalk:20210106202424p:plain

 

 現価係数で、ある期間運用して目標とする額(終価)に到達するためには現在どれだけのお金(現価)が必要か、を求めることができます。

 

 現価係数は、以下の数式で求めることができます。

f:id:iGoMtwalk:20210106043626p:plain

 

 投資計画を考える際は、現価係数の一覧表があると便利です。

f:id:iGoMtwalk:20210106043708p:plain

 

使い方の例

 20年後に1200万円(終価)用意するためには、年利4%で運用するとしたら、現在どれだけのお金(現価)が必要か?

f:id:iGoMtwalk:20210106043730p:plain

 現価係数表から、運用期間20年・年利4%の終価係数は 0.4564 なので、

  1200万円 × 0.4564 = 548万円

 20年間、年利4%で運用して、1200万円(終価)を用意するためには、現在548万円(現価)が必要になります。

f:id:iGoMtwalk:20210106043831p:plain

 前回と今回は、一括投資の係数についてまとめましたが、次回は、毎年一定額を積み立てながら運用するつみたて投資の係数についてまとめます。

投資計画に便利な係数 – 終価係数

 こんにちは。

 

 前回、投資計画を考えるときに便利な6つの係数をまとめました。今回は、終価係数の詳細をまとめます。

f:id:iGoMtwalk:20210105040435p:plain

 

 最初に、一括投資のイメージ図を示します。

f:id:iGoMtwalk:20210106202424p:plain

 

  終価係数で、現在持っているお金(現価)をある期間運用したらいくらになる(終価)か、を求めることができます。

 

 終価係数は、以下の計算式で算出できます。

f:id:iGoMtwalk:20210105040514p:plain

 

 投資計画を考える際は、終価係数の一覧表があると便利です。

f:id:iGoMtwalk:20210105040548p:plain

 

使い方の例

 現在持っているお金(現価)500万円を、年利4%で運用したら、20年後はいくら(終価)になるか?

f:id:iGoMtwalk:20210105040643p:plain

 終価係数表から、年利4%・運用期間20年の終価係数は 2.1911 なので、

  500万円 × 2.1911 = 1096万円

 20年間運用した金額(終価)は、1096万円になります。

 

f:id:iGoMtwalk:20210106080153p:plain

 次回は、終価係数とは逆に、運用した結果(終価)を目標額に到達させるためには、いくら(現価)で運用を始めればよいか、を求める現価係数についてまとめます。

投資計画に便利な係数 - 全体像

 こんにちは。

 

 「一年の計は元旦にあり」という言葉があります。元旦は終わりましたが、年初に、今後の投資計画を考えるのは良いことだと思いますので、投資計画を考えるときに便利な6つの係数をまとめます。 

 まずは、6つの係数の全体像です。

f:id:iGoMtwalk:20210104215110p:plain

 ある金額を運用すると「いくら受け取ることができるか」を求める係数が、運用スタイルに応じて、3つあります。さらに、ある金額を受け取るためには「元本がいくら必要か」を求める係数が、運用スタイルに応じて、3つあります。

 明日から、それぞれに係数について詳細をまとめていきます。

 

 

2020年投資信託(つみたて投資)の評価損益振返り

 こんにちは。

 一昨日から昨日にかけて、2020年の投資信託の基準価額の動きと、毎日一定額をつみたて投資していた場合の取得口数、を振り返りました。今日は、2020年に毎日一定額をつみたて投資していた場合の評価損益を振り返ります。

 基準価額のグラフと、評価損益率のグラフを並べてみます。

 

 まずは、新興国株式(ベンチマークMSCIエマージングマーケット)と先進国株式(ベンチマークMSCIコクサイ)、国内株式(ベンチマークTOPIX)です。

f:id:iGoMtwalk:20210101151213p:plain

f:id:iGoMtwalk:20210103161205p:plain
 基準価額は、2月末に暴落して11月初めにようやく戻り、年末には+8%程度になっています。評価損益率は、2月末に暴落したのは同じですが5月末には±0%に戻り、年末の評価益は+15%程度になっています。

 

 次に、先進国REITベンチマークS&P先進国REIT)と国内REITベンチマーク東証REIT)を見てみます。

f:id:iGoMtwalk:20210101151242p:plain

 

f:id:iGoMtwalk:20210103161315p:plain
 基準価額は、年末でも年初の85%程度までしか戻していないボロボロの惨状です。ところが、評価損益率は、6月頭には一旦±0%に戻り、その後停滞したものの、年末には+5%程度の評価益を上げています。

 

 最後に、新興国債権(ベンチマークJPモルガンGBI-EMグローバル・ダイバーシファイド)と先進国債券(ベンチマーク:FTSE世界国債)、国内債券(ベンチマーク:NOMURA-BPI総合)です。

f:id:iGoMtwalk:20210101151305p:plain

f:id:iGoMtwalk:20210103161428p:plain


 基準価額を見ると、先進国債券はほとんどマイナスになることはなく上昇を続けているのですが、国内債券と新興国債権は年初の基準価額より年末の基準価額のほうが下がっています。ところが、評価損益率を見ると、年末の成績は新興国債権が先進国債券よりもよくなっています。

 

 2020年末の値をまとめると、以下の通りです。

f:id:iGoMtwalk:20210103161449p:plain

 基準価額は、年初の値を100に正規化していますので、年末の基準価額が100より小さかったら基準価額が下がったことになります。表に示したように、2020年は、先進国REIT、国内REIT新興国債券、国内債券、の4指数が年初の基準価額より下がって終わりました。

 ところが、毎日一定額をつみたて投資していた場合の評価損益率は、国内債券のみがマイナスでした。先進国REIT、国内REIT新興国債券、の3指数は、基準価額が下がったにもかかわらず、評価額が上がりました。これは、コロナショックで基準価額が大きく落ち込んだ時にも一定額でコツコツと買い続けたことで、多くの口数を取得できたためです。

 新興国株式、先進国株式、国内株式、の3指数は、基準価額が8%~9%上昇したにもかかわらず、16%~18%の評価益を得ているのも、同様の理由です。

 

 今後、2020年の株式指数やREIT指数の値動きが、つみたて投資の有効性を示す格好の材料として使われそうです。

2020年投資信託の取得口数振返り

 こんにちは。

 

 昨日、2020年の基準価額の動きを振り返りました。今日は、昨年(2020年)一年間にわたって、毎日一定額をつみたて投資していたらどれだけの口数を取得できたかを振り返ります。

 

 毎日一定額をつみたて投資していると、基準価額が高い日は取得口数が少なくなり、基準価額が低い日は取得口数が多くなります。そのため、1日あたりの取得口数のグラフは、基準価額のグラフを上下反転したような形になります。昨日掲載した基準価額のグラフと1日あたりの取得口数のグラフを並べてみます。

 

 まずは、株式です。新興国株式(ベンチマークMSCIエマージングマーケット)、先進国株式(ベンチマークMSCIコクサイ)、国内株式(ベンチマークTOPIX)とも、3月から10月まで、多めに取得できていたことがわかります。

 f:id:iGoMtwalk:20210101151213p:plain

f:id:iGoMtwalk:20210102034716p:plain

 

 先進国REITベンチマークS&P先進国REIT)国内REITベンチマーク東証REIT)は、3月のピークの時は、年初の倍くらい取得できた日もあり、年末になっても年初の2割増し程度取得できています。

f:id:iGoMtwalk:20210101151242p:plain

f:id:iGoMtwalk:20210102034902p:plain

 

 新興国債権(ベンチマークJPモルガンGBI-EMグローバル・ダイバーシファイド)は、3月末あたりでは2割増しで取得できた日もあり、年末でも若干多めに取得できています。国内債券(ベンチマーク:NOMURA-BPI総合)は、1年間にわたって、1日あたりの取得口数はほとんど変化ありません。先進国債券(ベンチマーク:FTSE世界国債)は、1日あたりの取得口数が、少しずつですが減ってきました。

f:id:iGoMtwalk:20210101151305p:plain

f:id:iGoMtwalk:20210102035105p:plain

 

 まとめとして、1年間で取得できた口数の累計をグラフにします。

 

 株式の取得口数累計は、新興国、先進国、国内、ともほぼ同じような口数になっています。

f:id:iGoMtwalk:20210102035148p:plain

 

 先進国REITと国内REITは、完全に重なっています。

f:id:iGoMtwalk:20210102035220p:plain

 縦軸の数値は、1日あたりどれだけつみたてるかによるので絶対値には意味はありませんが、相対比較はできます。株式と比べると、REITのほうが多く取得できたことがわかります。(あくまでも、2020年1月1日の基準価額を100として正規化した場合です。)

 

 最後に債券の取得口数累計です。新興国債権は株式と同程度の口数を取得できたのですが、国内債券と先進国債券の取得口数累計は株式より少なくなっています。

f:id:iGoMtwalk:20210102035247p:plain

 

 明日は、毎日一定額をつみたて投資していたとしら、昨年1年間の評価損益はどうなっていたのか、を掲示する予定です。よければ、皆さんも考えてみてください。

2020年投資信託の基準価額振返り

 新年あけましておめでとうございます。

 昨日で、コロナショックに揺れた2020年が終わりました。日経平均TOPIXが高値を付けていることはニュースで流れていますが、債券やREITはどうなったのか、2020年のインデックスを振り返ります。

 

 まずは、基準価額の動きです。2020年1月1日の基準価額、すなわち、2019年の終値を100として、株式、REIT、債券の値動きをグラフにしてみます。

 

 新興国株式(ベンチマークMSCIエマージングマーケット)、先進国株式(ベンチマークMSCIコクサイ)、国内株式(ベンチマークTOPIX)は、3月に70%程度まで落ち込みましたが、11月には回復し、2020年の終値始値に対して約10%高でした。

f:id:iGoMtwalk:20210101151213p:plain

 

 先進国REITベンチマークS&P先進国REIT)国内REITベンチマーク東証REIT)は、3月に60%まで落ち込み、2020年の終わり値は始値に対して約15%安でした。

f:id:iGoMtwalk:20210101151242p:plain

 

 新興国債権(ベンチマークJPモルガンGBI-EMグローバル・ダイバーシファイド)は、3月に80%まで落ち込み、2020年の終わり値は始値に対して約5%安でした。先進国債券(ベンチマーク:FTSE世界国債)は、ほとんど下がることはなく、2020年の終わり値は始値に対して約5%高でした。国内債券(ベンチマーク:NOMURA-BPI総合)は、ほんの少しずつですが値下がりしており、2020年の終わり値は始値に対して約1%安でした。

f:id:iGoMtwalk:20210101151305p:plain

 

 まとめると、以下の通りです。

f:id:iGoMtwalk:20210101152914p:plain

 コロナショックと言う大暴落があったにも関わらず、リスク(基準価額の振れ幅)が大きい株式がそろって始値を上回ったのは、望外の結果と言ってよいのではないでしょうか。 

プライバシーポリシー
Google Analytics について
当ブログでは Google Analytics を利用してアクセス解析を行うために
cookie を使用しております。
Google Analytics で集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、
改善のために使用させていただくものとします。
なお、cookie は個人を特定する情報を含まずに集計しております。
Google によるデータの使用に関しては「 ポリシーと規約」をご覧ください。